受験サプリと進研ゼミ高校講座

受験サプリと進研ゼミを徹底比較!!

受験サプリと進研ゼミ高校講座

 

 これから大学受験に向けて何をやろうか迷っている人の中には、「受験サプリ」と「進研ゼミ」どっちにしようか迷っている人も多いと思います。

 

 両者はともに「通信教育」という共通点がありますね。

 

 「受験サプリ」は講義が中心のe-learningシステム

 

 「進研ゼミ」は紙媒体が中心の通信教育

 

 そもそも根本が違うのですが、「一体どっちをやったらいいの?」とお悩みの方に、両者の違いを徹底比較したいと思います。

 

 

 

受験サプリの方が優れている点

 

 

 

講義中心なので継続しやすい

 

 

コストパフォーマンスに優れている

 

 

 

 

講義中心なので継続しやすい

 

 受験において最も重要なこととは何か?

 

 そう問われたならば、

 

 しっかりと継続すること

 

 と答えると思います。

 

 のちに述べる「進研ゼミ」の欠点として、「頼んだはいいけれどやらない」という生徒が多い点が挙げられます。

 

 「受験サプリ」で提供される講義の質はとても高いです。

 

 学校の授業では寝てしまうような子でも、「この教科はこんなに面白かったのか!!」となるような授業の連続です。

 

 自然と見てしまう授業を提供しているのが「受験サプリ」です。

 

 紙媒体が「目」でのみ情報収集するのに対し、映像媒体なので「目」だけではなく「耳」からも情報が入ります。

 

 よって、「進研ゼミ」よりも「受験サプリ」の方が飽き難いんですね。

 

 

 

コストパフォーマンスに優れている

 

 

 月額980(税抜)円という価格設定は、本来ありえない価格設定です。

 

 「進研ゼミ高校講座」にかかる料金は、3教科なら7000円前後、5教科なら10000円前後です。

 

 「受験サプリ」の価格設定がいかに壊れているかお分かりになられると思います。

 

 現在は「進研ゼミ」のシェアが圧倒的ですが、近々それが変わるかも知れません。

 

 同じ教育業界にいる私の視点から見ても、「受験サプリ」は「安価」である上に「質も高い」です。

 

 「高価」なのに「効果」がない教育機関もある中、これだけの質とコストパフォーマンスに優れたシステムは従来なら考えられませんでした。

 

 これは「受験サプリ」のもつ圧倒的アドヴァンテージだと言えるでしょう。

 

 

 

 

進研ゼミの方が優れている点

 

 

サポート体制

 

 

「添削」の存在

 

 

豊富な資料

 

 

 

 

サポート体制

 

 「進研ゼミ高校講座」には、24時間いつでも質問ができるシステムがあります。

 

 質問をする相手は、専門のサポーターの場合もあれば、実際に「進研ゼミ」を受講して志望校に合格した先輩の場合もあります。

 

 その際、勉強の内容は勿論のこと、進路のことや日常のことなど、どんなことでも質問できます。

 

 受験というのは孤独な戦いです。

 

 そういったサポートもバカにはならないでしょう。

 

 「受験サプリ」には残念ながらそのようなシステムはありません。

 

 

 

 

「添削」の存在

 

 以外と知られていない事実ですが、「進研ゼミ」は国公立大学の受験に強いです。

 

 東京一工早慶上智を除けば、各大学の合格者共に、進研ゼミはZ会を圧倒しています。

 

 「東北大」や「北海道大」などの合格者では倍近い開きがあるぐらいです。

 

 どうして「進研ゼミ」が国立等に強いかと言うと、「添削システム」があるからです。

 

 記述問題に関しては、それが正解なのかどうか、かなりの力の持ち主でないと判別できないと言ってよいでしょう。

 

 この点に関しては「受験サプリの欠点」にまとめたのでここでの記述は割愛いたしますが、「進研ゼミ」が持つ圧倒的なアドヴァンテージであると言ってよいでしょう。

 

 

 

豊富な資料

 

 「進研ゼミ」では毎月「My vision」という受験情報満載の冊子が送られてきます。

 

 「点数をとれば大学に合格が出来る!!」

 

 それはそうなんですが、色々と気になることがあると思います。

 

 そう言った時、「進研ゼミ」の豊富な情報が力になってくれることでしょう。

 

 

 

 

総評|受験サプリと進研ゼミ

 

 どちらが優れているか? という記事ではなかった為、どちらを受講しようか決めかねている生徒が多数であると思います。

 

 実際、プロの家庭教師の視点からは、どちらも大変優れたシステムであると思います。

 

 どちらのシステムを受講しても、きちんとやれば合格できるようになっています。

 

 迷っているなら、両方やってみるのも一つの手ですね。

 

 「受験サプリ」は柔軟な使い方の出来るシステムです。

 

 メインとして一本でやるのもよし。

 

 塾や進研ゼミをメインに据えて、苦手な箇所の動画を見るもよし。

 

 想像力次第でいくらでも使用法が見つかると思います。

 

 


 だからと言ってあれもこれも受講するのはやめましょう!

 

 消火不良と言って、結局どんな素晴らしい授業を受け、どんな素晴らしい媒体で学んだとしても、しっかりと復習しなければ身にはつきません。

 

 論語からの引用をしてみましょう。

 

 「子曰。學而時習之。不亦説乎。」

 

 書き下し文

 

 「子曰く、学びて時に之を習う。亦説(よろこ)ばしからずや」

 

 現代語訳

 

 「孔子はおっしゃいました。習ったことを、機会があるごとに復習し身につけていくことは、なんと喜ばしいことでしょうか」

 

 どのシステムを選ぶかはとても大切なことですが、

 

 どんなシステムであってもやりきることはもっと大切なことです。

 

 その点を考慮に入れて、どのシステムを使うか決めましょう。

 

 そうすれば、あなたには「合格」という未来が待っていることでしょう!!


このエントリーをはてなブックマークに追加  

受験サプリと進研ゼミ高校講座